<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カン違い2

安彦良和
アビコヨシカズと読んでました。。。
ガンダムはまだ全部見てないです。。。
[PR]
by redhotmama8 | 2008-06-28 23:37 | ボヤキ

カン違い

b0135687_18352115.jpg


ずっとこの二人は同一人物だと思ってた。
民放に連ドラ2本ってすごいな〜、と。。。

「耽美」
ずっと「チビ」と読んでいた。
しかも、恥ずかしい美だから人に言えない下ネタだと思ってた。

こういうカン違いいっぱいあります。
私と話をしてて「アレ!?おかしいぞ!!」と思ったら
つっこむかスルーしてね!
アハッ!!
[PR]
by redhotmama8 | 2008-06-24 18:41 | ボヤキ

JUNO(ネタバレ含む)

b0135687_22454360.jpg

JUNOの脚本を書いた元ストリッパーでブロガーのDiablo Codyに興味があり見に行った。

高校生16才のJUNOが興味で始めてのsexで妊娠してしまう。
彼女は中絶を考えたが、思いとどまり、産んで里親にあずけることを決意。
物語は深刻にならずに淡々とやさしく進む。
このやさしいかんじはなんだろう?
これが日本だったら?
昔に金八先生の杉田かおるが中学生で妊娠した話でかなり話題になった。
ついこの間に「14才の母」というのもドラマであった。
どれも深刻なドロ〜〜〜〜っとした雰囲気だったけど、
JUNOはそういうのはない。
彼女は自分で考えて行動し、自分で判断する。
それを家族や友達や恋人がただ受け入れている。
誰一人として「なぜ避妊しなかった!?」「将来のことを真剣に考えたら?」「世の中そんなに甘くない」等の説教や非難はない。
学校では変な目で見る人はいても、説教や非難、イジメもない。
超音波の人が「里親がいるなら安心ね」と言ったくらい。
それも母親が「あんたにそんなこという資格はない」とケチョンケチョンにやっつけてしまう。
結局、あのドロ〜〜〜としたものは、周りの反応なんだよね。
当の本人より周りが騒いでしまうやつです。
JUNOの家族や友達、恋人のただ受け止めるってすごいわ!!!
それがやさしさであり「愛」なのねっ!!!
最後の曲がそういうのだった。



サウンドトラックもよかった。
[PR]
by redhotmama8 | 2008-06-17 22:57 | 映画

レビュー

アマゾンのレビューみたら、ものすごくいいこと書いてる人がいた。
うまい!この人何者!?と思ってたら、、、
それ、自分でした!!!
昔の自分、いいこと言うなあ!!!
ビックリざんす。
[PR]
by redhotmama8 | 2008-06-12 04:35 | ボヤキ

恋泥棒ヨーコ

b0135687_572895.jpg

[PR]
by redhotmama8 | 2008-06-06 05:08 | TV

去年ルノアールで

b0135687_2164597.jpg

週刊真木よう子」の8話の「恋泥棒ヨーコ」があまりにもおもしろかったので、この同じスタッフで作られた「去年ルノアールで」が見たくなって、見た。なるほど!こういう流れで、「恋泥棒ヨーコ」なのか!と納得。それほど、「恋泥棒ヨーコ」はおもしろいので、流れとしては「去年ルノアールで」を見た後に「恋泥棒ヨーコ」を見るのがお勧めです!!!

「去年ルノアールで」の何話かで劇団ひとりがキャプテンサンタの服を着て「なんでマライヤがサンタのかっこうしてないんだよ〜!」というシーンがあるが、全身キャプテンサンタの服を着た人を始めて見た。見たことある人は御一報を。

「週刊真木よう子」と「去年ルノアールで」の企画、演出、監督をしてる大根仁のブログがおもしろいよ!!
[PR]
by redhotmama8 | 2008-06-05 21:23 | TV